<< [祝!]DJ HIDDEN JAPAN TOUR[来日決定!] | main | DJ HIDDEN JAPAN TOUR お知らせいろいろ >>
2014.10.21 Tuesday

11/23(SUN) SPROUT x IOMANTE feat.DJ Hidden [11/22更新]

0

    [DATE] 2014/11/23 (SUN) ※翌月曜日祝日
    [TIME] 23:00~5:30     [PLACE] 中野 Heavysick ZERO
    [FEE] DOOR:3000yen  (+1D)    WITH FLYER:2500yen (+1D)
    9/7Sprout & 10/11IOMANTE 限定先行ディスカウント:2000yen(+1D)
    遠方ディスカウント:
    2000yen(+1D) 詳しくは下の項
    [FACEBOOK] https://www.facebook.com/events/1525184471055185
    [LINE UP]

    SPECIAL GUEST:
    DJ HIDDEN (from NETHERLANDS / a.k.a THE OUTSIDE AGENCY)


    MAIN:
    DJ MIYU 
    NAWOTO SUZUKI (OFF THE TRACK TO HARDCORE) 
    BIOHANNYA (digcloud/WEMAKE...) 
    DJ RAVEMAN (オーラルヴァンパイア / FUTON DISCO) 
    INUGAMI & MIYUKISS (IOMANTE) 
    3X6 & MEDICO (SPROUT)


    LOUNGE:
    OZIGIRI (MOB SQUAD TOKYO)
    PPS (UP1236, Maltine Records, Allkore)
    密林戦士スーパーサグ(NISHIKAWACCHI B2B GONBUTO)
    BISHAMON (BASS BREAKER / THE DARKRAVE) 
    8 to 7 (FakeChordUnion / AntinomieBASS)
    DARK DUTCHWIFE
    TAK666 & COLON (SPROUT)
    ZIMBABWE (SPROUT ) 


    VJ:
    球根栽培
    S.R.B.N
    藍戯


    FOOD:
    新宿ドゥースラー

    FLYER DESIGN:
    風間


    ■TIME TABLE [11/22更新]

    MAIN
    23:00-24:00 (60min) INUGAMI & MIYUKISS
    24:00-01:00 (60min) DJ RAVEMAN
    01:00-01:40 (40min) NAWOTO SUZUKI
    01:40-03:10 (90min) DJ HIDDEN
    03:10-03:40 (30min) BIOHANNNYA
    03:40-04:40 (60min) DJ MIYU
    04:40-05:30 (50min) 3x6 & MEDICO
    VJ: 球根栽培 /s.r.b.n

    LOUNGE            
    23:00-24:00 (60min) TAK666 & COLON
    24:00-24:30 (30min) PPS
    24:30-01:30 (60min) SUPER THUG
    01:30-02:30 (60min) ZIMBABWE
    02:30-03:20 (50min) DARK DUTCHIWIFE
    03:20-04:10 (50min) 8 to 7
    04:10-04:40 (30min) OZIGIRI
    04:40-05:30 (50min) BISHAMON
    VJ: AOGI

    ■11/23 Sprout & Iomante 遠方ディスカウントのお知らせ [11/22更新]

    3連休、東京に遊びに来られる地方在住の方に朗報!!Sprout x Iomanteでは関東圏(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)より遠くからの来場者様全員ににDOOR代から1000円のディスカウントをさせて頂きます!
    エントランスにて"遠方ディスカウント"と告げ、続いて関東圏外から来場された事を証明できるものを提示してください。

    ※IDチェックの際にも写真付き身分証明証の提示が必須となります。(他のディスカウントとの併用はできません。)

    ※遠方割引きのの証明について
    •身分証の提示の場合、更新日が半年以内のものに限らせて頂きます。
    •夜行バスの予約票、新幹線の利用票等の交通証明証などが最も有効。

    ■9/7Sprout & 10/11IOMANTE 限定先行ディスカウントのお知らせ(受付終了) [11/22更新]

    エントランスにて"先行ディスカウント"と告げ、続いてご自身で記名された名前をキャッシャーに告げてください。
    (他のディスカウントとの併用はできません。)



    MAIN:
    DJ HIDDEN (AD NOISEAM / PRSPCT / FUTURE SICKNESS / GENOSHA 175 / HIDDEN TRACKS)


    DJ Hiddenことノエル•ヴェッセルスはオランダ出身のドラムンベース , ハードコアテクノ, その他様々なエレクトロニックミュージックを手掛け、その唯一無二さが賞賛されているミュージシャン・DJであり、アートデザイナーでもある。彼の表現するサウンドはは主にダークで呪術的、そして映画的であり、また極めて高いミキシングとマスタリング技術を持っていることでもよく知られている。DJ Hidden名義の他にThe Outside Agency(Eye-Dとのユニット), Semiomime, The E.L.F. Architect, Conspiracide, Louis Cyphre, The Ravenous, The Immobilizers (TOAとMindustriesからなるユニット)といった名義が有名である。また、ノエルは彼のDJ/プロデューサー活動に加えてHidden Tracks, Eye-Dと共にGenosha Recordings,そのサブレベールのGenosha One Seven Five Rec,そしてSicknoteと共にNotochord Recordingsといった音楽レーベルの運営にも努めている。これらレーベルからのリリースの他にもとても多くのレーベルから彼のプロダクションはCDやヴァイナルレコードでリリースされ、フルアルバムも今までにDJ Hidden名義で2枚、Semiomime名義で1枚、The Outide Agency名義で1枚をリリースしている。その他の活動にはサウンドデザイナーとしてテレビゲーム会社にサウンドエフェクトを提供した経験もあり、またグラフィックデザイナーとして自身のリリースや他のアーティストのアートワークも手掛けている。クリエイティビティはノエルにとって最も重要な要素であり、彼の人生の中でその探究心や渇望を失った事は今までに一度も無い。彼は自分の愛する制作を続けることで生活を送れるその才能を自身で有り難く思っており、世界にそれを発信する事が彼のやりがいの糧となっているのだ。多くの人々の反応は彼の開放的でより良い作品を作ろうとする意識をかき立たせる。そしてそれは新しいアイディアや思考を生む、いつ何時でも止まる事の無い連鎖反応を引き起こし続けている。"その先には暗黒で輝かしい未来が待っているのだ。"
    http://www.djhidden.com/
    https://www.facebook.com/DJHidden

    DJ MIYU 

    日本ドラムンベースシーン屈指のFEMALE D&B DJ MIYUは ROCK、HIPHOPなどさまざまなジャンルの音楽に触れアナログ盤を集めはじめる。 多種多様なサブカルチャー、音楽、アートに触発されMEE名義でアート活動後、2006年から本格的にDJ活動を開始する。自身の華やかで キュートな見た目とは相反に攻撃的かつパワフルで男らしい選曲と、現行のシーンでは数少なくなったヴァイナルのみによるターン テーブル3台を操り、変幻自在のクイックミックス &ダブル、トリプル・ドロップによるDJスタイルを確 立している。 高速重低音/高速ブレイクビーツを操る唯一の FEMALE DJとして、都内を中心にドラムンベースのみならず、ジャンルの枠を越えた多忙なDJスケジュールをこなす実力派女性DJ!数々のイベントにゲスト出演し、国内外問わず 様々なTOPアーティストと多数共演している。日本のドラムンベー ス/ダブステップ・シーン を代表する国内最大級の パーティー"DBS"ではLONDON ELEKTRICITY、GOLDIEなどとUNITメインフロアに出演し高い評価を得ている。近年では年間50本以上のDJスケジュールに加え、雑誌、インターFMラジオのゲスト出 演、DOMMUNE出演等、現場だけにとどまらず幅広く活躍している。ダーク・コアな唯一のセンスが交感し、構成された カッティング・エッジなMIXスキルを披露 している1st MIX-CD "REAWAKE MIX" を2009年6月にリリー スし自主制作でありながらも長期に渡り高セールスを記録した。 2011年12月には、熱いフロアをそのまま凝縮した現場感覚の2nd MIX-CD "ROCKOUT MIX"をリリース!止まらない重低音を響かせ聴く者 を完全にROCKOUTし、ゴリムンベース(GNB)、攻めの女王という名をほしいままにしている。2012年8月には、DJ MIYU初となるLIVE音源3rd MIX-CD "GNB LIVE MIX!! 2012"をリリース熱気と歓声に包まれた現場のリアル音源をREC!現場で披露してい るヴァイナルトリプルドロップも収録 され ている。そして2013年7月、自身のオリジ ナルトラックを含めたターンテーブル3台PLAYによる4th MIX-CD"LYRICAL OVER MIX"をリリースDJ MIYUの世界観が詰まった最先端のゴリムンベースここにあり!さらに2014年7月には自身のオリジナルデザインSlipmats( Dr.suzuki )をリリースしている。DJ MIYU、今では日本のドラムンベースFEMALE DJのTOPを走る存在である。
    dj-miyu.flavors.me/
     

    NAWOTO SUZUKI (a.k.a BURNING LAZY PERSONS / OFF THE TRACK TO HARDCORE) 

    90年台後半イタリアからのリリースを皮切りにINDUSTRIAL STRENGTH、MOKUM等当時の主要レーベルから次々とアナログをリリースし、数えきれない程のコンピレーションやミックスCDに収録されるも2000年を前に活動を休止。2011年に突如オランダの屋外最大のハードコアフェス、Dominatorに招聘され2013年には世界最高峰のハードコアフェスMasters Of Hardcoreに出演、ヨーロッパ・ツアーを行う。Dominator、Masters Of Hardcoreへ唯一出演した日本人、海外からの「ジャパニーズハードコアレジェンド」等の賞賛の声にあぐらをかくことなく前人未到の領域にいながらも次を目指し活動中。2012年に公式にハードコア復帰を宣言。5月より自身のオーガナイズするイベント「OFF THE TRACK TO HARDCORE」を再始動。ヒップホップフィールドでは「沈黙を語る人」の名で活動を行っている。
    https://www.facebook.com/nawotosuzuki

    BIOHANNYA (digcloud/WEMAKE...) 

    ベースミュージックからブレイクコアまでネット上のSICKな音楽をディグり続ける世界屈指のディガー。
    サウンドクラウドでのコメントの多さと早さは国内外からネタにされ「世界一のブレイクコアファン」という曲まで勝手に作られている。細かいEDITや詰め込みまくったMASHUPを得意とし、ライブではそのうえにアーメンやサンプリングされたネタをリアルタイムで打ち込む「悪羅悪羅系ボタンプッシャー」として、DJとLIVEの中間という今までにない立ち位置を確立。専属のパフォーマンス集団「三三七拍子」を持ち、クラブでバイクを走らせる等数々の伝説を残している。
    https://soundcloud.com/biohannya

    DJ RAVEMAN (オーラルヴァンパイア / FUTON DISCO) 

    インダストリアル歌謡バンド"オーラルヴァンパイア"の中心人物でありトラックメイカー。
    DJとしてはテクノ、ニューウェーブ、レイブ、インダストリアル、歌謡曲などオーラルヴァンパイアのサウンド要素を分解→再構築するようなスタイルをとっている。その他"ヘルサウナ"、"FUTON DISCO"などコンセプトに合わせ様々な名義で活動中。
    http://www.auralvampire.com/


    INUGAMI & MIYUKISS (IOMANTE) 

    INUGAMI:
    2014
    年、沈黙を守り続けていた狗神が遂に始動する。 インダス全盛の今だからこそ黎明期より活動しているこの男の異形の音を聴いて欲しい。 今回を皮切りに年内怒涛の出演を控える今、その特異点を見逃すな。

    MIYUKISS:
    静岡生まれのメスハードコアDJ。夜遊びに憧れ、満18歳になりクラブ遊びを覚える。狂っていた頃は週の半分以上をクラブに入り浸り、ここが自分の居場所だと確信、同時期にハードコアテクノを知り、ドハマりするも静岡では殆どかからないジャンルのため自らがハードコアテクノDJとして活動を開始。以前はMainstreamHardcoreを主軸にしていたが、上京すると共にIndustrial Hardcoreに目覚め、Darkcore、Schranzを四つ打ちの重厚なキックとミニマルな展開、アグレッシブな繋ぎでMIX、女性とは思えないゴリマッチョな選曲でフロアを圧倒する。

    https://soundcloud.com/miyukiss

    3X6 & MEDICO (SPROUT)

    3x6:
    Darkstepのプロデューサーにして日本唯一のHardcore Drum&Bass Party、“Sprout”のオーガナイザー。メタルコアバンドのヴォーカリストとして音楽活動をしていたが2007からDrum & Bassの地に足を着け,現在の”3x6”の名義でプロデュース/DJ業を開始する。オリジナルトラックにはアニメやゲームからの サンプリングを使用したものが多く“SUBROC RECORDINGS”という自主レーベルで 同人音楽活動もしており ナードミュージック/オタクカルチャーの中でもその存在が評価されている。
    3x6x.com/

    Medico:
    日本唯一のハードコア・ドラムンベースパーティー「SPROUT」を発信地として 自身で作曲、DJ活動を行っている。今 までにオーストラリアのレーベル、Hell’s Bassment Recordsより vinylやmp3にて楽曲を発表。 いずれもHard / Dark / Industrial / Technoidなどと形容される サウンドコンセプトで構成。世界最大規模のハードコア・ドラムンベースイベント「Therapy Sessions」などでも使用される。またSPROUTのイベントやブログで独自のMIXを配布。常に高いクオリティと新しい音表現に執着し、DJとしての構成、パフォーマンスも妥協を許さない。今ではSPROUTにおける一つのアイデンティティーとして定着。更には日本にこのサウンドを定着させるべく、現在邁進中。
    www.myspace.com/medicomtm


    LOUNGE:
    OZIGIRI (MOB SQUAD TOKYO)

    グラインドコア、デスメタル、スピードコア、ブレイクコアをごちゃ混ぜにした超高速暴力的異形サウンド「デジタルグラインドコア」を掲げ、その普及.....そして、クラブサウンドとバンドサウンドの垣根を破壊せんと日々暗躍する。国内ではクラブイベントだけに留まらず「浅草エクストリーム」等のエクストリーム・バンド系のイベントにも次々と殴りこみ、超高速サウンドをバックに暴れ狂い観る者を唖然とさせている。3枚のアルバムとDJ Schwarzenegger、Roughsketch、Filthyらとのスプリットアルバムをリリース。また、国内外問わず様々なアーティストのリミックスも手がけ悪意ある音源を日々世界中にばら撒く。2013年度より約1年間封印されてしまったていたが、2014年度下半期より更に色々こじらせて現世に復活する。ZUHOによる鼓膜破壊活動はまだまだ続く!
    http://ameblo.jp/ozigiri/

    PPS (UP1236, Maltine Records, Allkore)

    作曲活動当初からおもしろ音楽を追い求め、今年こそレイヴが来るとそこらへんの流れてない星にお願いして7年が経ちました。トラックのクオリティが変わらず困っています。最近Beatortにサインアップしました。
    http://sound.jp/deustek/

    密林戦士スーパーサグ(NISHIKAWACCHI B2B GONBUTO)

    電気を消して 元気をチャージ
    こりゃ始まるよ THUG☆THUG★ミッドナイト
    そろそろ本気と書いて「マジ!」
    アゲポよーで KILLA★KILLA☆ミラーボール
    http://iflyer.tv/ja/artist/39358/


    BISHAMON (BASS BREAKER / THE DARKRAVE) 

    HARDCORE (GABBER) DJ。2009年福島県郡山市より同ジャンルの普及のためDJ活動を開始。2013年からは関東に上京し、若手支援型イベント「experience!!」やHARDCORE MUSICを主体としたイベント「BASS BREAKER」をオーガナイズ。ハードさを保ちながら同ジャンルの持つ受け皿の広さを最大限に活かしてストーリーを作り出すプレイスタイルと、アナログでのプレイにより培った安定感には定評がある。
    https://www.mixcloud.com/bishamon/

    8 to 7 (FakeChordUnion / AntinomieBASS)


    FakeChordUnion / Antinomie BASS / 日本ドラムンベース協会に所属。小学校2年生の頃からゲームセンターで5つの鍵盤と1枚のお皿を回し、その過程でCurrent Valueに代表されるDarkstepへとリスニングの食指を伸ばしていく。数年後、高専時代も半分を過ぎてからトラックメイキングを開始し、Drum'n'Bassを軸に様々なジャンル・名義へ浮気しながらも継続中。2014年の初夏に開催された『KosenDJ-bu』へDJとして参加したことを機に、音楽によるパフォーマンスにも興味を持ちつつある。『閂夜明』氏の新作を心待ちにしている。
    https://soundcloud.com/8_to_7

    DARK DUTCHWIFE

    低音が好物の女DJ。ダブ・ステップ、ジャングル、ブレイクコア、ドラム&ベース、ノイズを男前にミックスするそのスタイルは、工場地帯を疾走する東海道線のスピード感さながらに、また彼女の地元である川崎ならではのインダストリアルかつ駅前再開発的なダイナミズムが感じられる。目下大注目のフィメールである。過去の共演アーティストはKid606, THA BLUE HERB,SLANG,BlueBird, Aaron Spector, Tecnoist, Goth-Trad, Com.A,BIG JOE,OLIVE OILなど。
    drumnbass.jp/artists/Dark%2BDutch%2BWife

    TAK666 & COLON (SPROUT)

    TAK666:
    TRAKTOR DJと邂逅したことで2005年よりラップトップを用いたDJ活動を開始。それなりに色々なパーティーに参加したり異種雑食系パーティー『Cradle to Grave』をオーガナイズしたりして今に至る。核にある音はロックだが単一のジャンルに絞ることはせず、こと電子音楽に於いては『Disco, Rave & Bassline』を3大テーマに掲げてテクノ、ハウス、トランスからブレイク・ビーツ、ドラムン・ベース、ダブ・ステップ、ハードコア・テクノに至るまで幅広くカバー、それらジャンルの境界を容赦無く超えていくプレイを好む。近年、その年にリリースされたトラック5曲のみでMIXを録ってアーカイブする企画『5TRAX』の主催も兼ね、その2012年版は海外からの提出が1番のりであったり総参加者数は100を超えたりと大盛況を博した模様に浮かれ気味。hideは神様。掘骨砕三作品は永遠のバイブル。ミルクティーが主食。クロスバイクが愛車。好きな言葉は『1クレ50円』。
    ww41.heterodoxy.biz/

    COLON:
    福岡で中高生時代よりインダストリアルハードコアを中心に楽曲を制作。2011年春の上京を機に、アナログレコードによるDJを始める。渋谷アシパンのBangin' Da Bassにてデビュー後、experience!等都内のパーティーに出演。2012年以降PCDJを導入し、都内のダーク・インダストリアルベースミュージックのパーティー"Sprout"との出会いをきっかけにダークステップやインダストリアルハードコアを主軸に楽曲を次々と繰り出し展開を作るスタイルへとシフト。観客を飽きさせないプレイを日々心がけている。現在はレジデントであるSproutを拠点にDJとして活動するとともに、Illegal Wave RecordsやAntinomie BASSといったダーク系レーベルにて楽曲制作も行っている。
    www.mixcloud.com/colon/

    ZIMBABWE (SPROUT ) 
    1998年からJungle/Drum&BassDJをスタート。2000年頃からスタイルを変えHardtechno/Acidtechno/Psyche/etc.無邪気な快楽と道楽の結果廃業と相成る。。その後BreakBeat/UK Dub/Dubstepなど新たな世界を取り入れ一時的混乱は収まりやや安定。屋内屋外を問わず様々なpartyに出演し自らもオーガナイズ。野外レイブMouQueteの成功で評価を得る 200996SPROUT-DARKSIDE DRUM&BASSに初参加、以来loungeを中心に現在もレギュラー出演。TribalDubテイストなDrum&Bassを紡いでゆく。ダンスフロアの盛り上げ役でもある。

    VJ:
    球根栽培

    MV、ライブDVD、TV番組、ショーケース映像などを手掛ける映像ディレクター。2007年よりVJ活動を開始し、EVOL INTENT、STATE OF MIND、THERAPY SESSION、FORBIDDEN SOCIETYなど海外の大物アーティストの映像演出を手掛ける。2009年に発表した短編映像作品「九月の鼠」は国内外の映画祭でそこそこの評価を受け、2011年には「映像作家100人2011」(BNN出版)に掲載される。 近年は映像による洗脳催眠の可能性を模索中。

    s.r.b.n

    2011年からVJとして活動を開始。
    主にQuartz Composerで制作した映像を用いる。

    藍戯

    素直に気まぐれがモットー お話作ったり、お絵かきしたり、歌ったり、作曲したり、DJしたり、VJしたり やりたいことをやりたい放題やってます。好きなモノは茄子、燃料はイェーガー。
    http://pagsayks.tumblr.com/introduction

    FOOD:
    新宿ドゥースラー

    http://duusraa.com/

    FLYER DESIGN:
    風間

    http://gondwanaland3000.tumblr.com/
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM